大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院の「歯周病」のページです。

  • [診療時間]9:00~12:00/15:00~19:00 072-867-6545
  • WEB診療予約

歯周病

自分は大丈夫と思わず、予防をしっかりと

日本人が歯を失う原因の第1位が何であるか、ご存じですか? その答えは、「虫歯」ではなく「歯周病」。実は日本人の成人の約8割が「歯周病」または「その予備軍」であるといわれている、国民病なのです。

歯周病は、口腔内に棲む歯周病菌が、歯を支えている顎の骨や歯肉を徐々に溶かしていいき、悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともある病気です。自覚症状がないまま進行する特徴があるため、予防、および早期治療を意識することが大切になります。

大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院にも歯周病でお悩みの患者様が通われています。「自分は大丈夫」と思わず、一度検診にお越しください。

全身に影響が及ぶこともあります

歯周病は、歯を抜け落ちさせてしまうこともある恐ろしい病気ですが、実は全身にも様々な悪影響を及ぼしています。

このほかにも糖尿病とはとても深い関係を持ち、互い病気の発症を招いたり、悪化させたりするといった特徴があります。

歯周病の進行について

進行1 健康な歯肉

薄いピンク色の弾力のある歯肉が、歯と歯の間に入り込み、引き締まっています。ブラッシングをしても出血しません。

進行2 歯肉炎

少し赤くなった歯肉が、歯と歯の間で丸みを帯びて膨らんでおり、ブラッシングすると血が出ます。歯と歯肉の境目に付着している歯垢の中で、細菌が毒素を出すことによって歯肉に炎症が起きている状態です。

さらに進行すると、歯周ポケット(歯と歯肉の間)に、ますます歯垢が溜まり症状が悪化します。

進行3 歯周炎

赤紫色になった歯肉がさらに腫れ、ぶよぶよになりながら退縮し、ブラッシングすると血や膿が出る状態です。歯と歯の間が広がって食べ物もよく詰まるようになり、歯肉の退縮によって歯が長くなったように見えます。

炎症がさらに進むと歯周ポケットはより深くなり、細菌が出す毒素によって顎の骨は破壊されてしまいます。

基本的な治療から予防をサポート

歯周病治療の基本は、毎日の正しいブラッシングです。当院では、基本となるブラッシング治療を行っても症状が改善されない場合には、外科治療にて対応しています。また、「予防」はもちろん、治療後のメンテナンスもしっかりサポート。患者様の大切な歯をお守りします。

歯周病細菌検査(BML)

だ液を採取して、口腔内のリスクを総合的に調べる検査です。これは虫歯治療で行われることが多い検査ですが、虫歯菌だけでなく歯周病菌も調べることができます。歯周病の種類や数などを明らかにしたうえで、一人ひとりに適した治療を選択するのです。


スケーリング

比較的軽度の歯周病に行う治療です。スケーラーという専用器具を使い、歯と歯の境目や歯周ポケットに入り込んだ歯垢や歯石を、徹底的に取り除く処置です。毎日のブラッシングだけでは落とせない汚れも、きれいにすることができます。


ルートプレーニング

キュレットという器具を使用して、歯周ポケットの奥深くに入り込んだ歯垢や歯石を取り除きます。最後に歯根面をつるつるにみがき上げ、汚れの再付着を防ぎます。(場合によっては麻酔をする事があります。)


外科治療

歯周ポケットの深さが6mm以上となった場合に行う外科処置です。麻酔をしたうえで歯肉を切開し、歯根の先端にこびりついた歯石、また感染した歯肉組織を取り除くなど、様々な外科処置を行います。


再生治療

歯周病菌に冒され、破壊されてしまった死守組織を再生させる治療です。「GTR法」「エムドゲイン法」などがあり、一人ひとりの患者様の症状に合わせて、適切な方法を選択します。

治療症例の一部を紹介

歯周外科治療の症例です。

治療症例の一部を紹介

歯ぐきがやせてしまい、歯がしみておりました。
上あごの歯ぐきを移植してしみている部分をカバーし見た目も良くなりました。

治療症例の一部を紹介

歯ぐきがやせてしまい、このままだと骨もやせてしまう危険性がありました。
歯肉を移植することで厚みのある歯ぐきになり、やせにくくなりました。

ページの先頭へ

福地歯科医院 Fukuchi Dental Office Perio  Endodontic  Center