大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院の「小児歯科」のページです。

  • [診療時間]9:00~12:00/15:00~19:00 072-867-6545
  • WEB診療予約

小児歯科

将来の歯並びのことまで考えての治療を

お子様の乳歯は、一生のうちで考えると生えている期間は短いといえます。しかし、乳歯には永久歯への正しい生え替わりをサポートするという大事な役割があり、小さいころからお口のケアをきちんと行っていくことが大切です。

大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院の小児歯科では、歯が生えたときから永久歯に生え替わるころまでのお子様の虫歯治療や予防、また正しい生え替わりのサポートなどを行っています。お子様は、自分ではまだお口のケアがきちんとできません。将来の歯並びのことまで考えて、親御様が気にかけてあげてください。

将来の歯並びを考えて

乳歯はいずれ永久歯に生え替わる歯ですが、だからといって小児歯科では、虫歯になった乳歯をすぐに抜いてしまうようなことはしていません。なぜなら、歯がなくなったスペースに隣の歯が移動するなどして歯並びが乱れ、それが永久歯の歯並びにも影響してしまうからです。

小児歯科では今の症状だけでなく、将来生えてくる永久歯の歯並びのことまでふまえて治療を行っています。もし虫歯がなくても、油断せずに健康な状態を維持するための正しいブラッシング方法を丁寧に指導するなど、長い目で見た診療をご提供します。親御様もいっしょに、大切なお子様の歯を守っていきましょう。

歯医者を嫌な場所と思わないために

当院では、お子様が歯医者を嫌な場所だと感じてしまわないよう、気配り・心配りをして診療にあたっています。たとえば心の準備ができていないお子様に、強制的に治療を行うようなことは一切なく、徐々に医院の雰囲気に慣れてもらうことからはじめています。

また、治療時に痛みが出ないよう配慮するのはもちろん、できるだけ治療時間を短く済ませるなど、お子様が怖がらないよう努めています。親御様も、お子様が歯医者を嫌な場所だと感じてしまわないよう、過去のご自分の痛かった治療経験を話すなどして、「治療は痛い」というイメージを植えつけてしまわないよう、意識していただければ幸いです。

小児の処置について

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗布すると、歯質が強くなり虫歯菌が出す酸に対する抵抗力を高める効果があります。普段のブラッシングが重要です。


ブラッシング指導(TBI)

虫歯予防の基本は毎日のブラッシングですが、自己流のみがき方では汚れをキレイに取り除くことができません。当院では、一人ひとりのお子様の成長段階やお口の状態に合った、正しいブラッシング方法を指導します。また親御様には、仕上げみがきのポイントをお教えします。

PICK UP・虫歯ができにくい食習慣とは?

虫歯のできやすさには、遺伝によるものと生まれつきの歯質も影響していますが、実は食習慣も関係しているのをご存じですか? 当院ではお子様の虫歯予防のために、以下の食習慣を身につけることをご提案しています。

だらだら食べをやめる 糖分は控え目に
だらだら食べは、お口の中を常に汚れた状態にします。食べる時間を決めて、食事やおやつを与えるようにしましょう。 糖分は、虫歯菌の大好物。糖分が多く含まれるおやつは、控え目にしましょう。
歯にやさしい食べものを選ぶ 食後にはブラッシングを
最近では、歯にやさしい「フッ素入り」「キシリトール入り」などのおやつも増えています。意識して取り入れるといいでしょう。 食後にはできるだけブラッシングをし、お口の中を清潔にしましょう。ブラッシングが難しければ、うがいだけでもするといいでしょう。

小さいころに身についた習慣は、大人になってからも継続しやすいものです。もし大きくなって少し休んでしまっても、途中から再び習慣化するときにも有利に働きます。生涯のお口の健康づくりを、今からはじめてあげませんか?

ページの先頭へ

福地歯科医院 Fukuchi Dental Office Perio  Endodontic  Center