大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院の「インプラント・入れ歯」のページです。

  • [診療時間]9:00~12:00/15:00~19:00 072-867-6545
  • WEB診療予約

インプラント・入れ歯

見た目だけでなく、体のことも考えて

虫歯や歯周病の悪化、また事故などによって歯を失ってしまった場合に、「1本くらい……」「奥歯で見えないし……」とそのままにしている方がいらっしゃいます。しかし歯とは1本でも失うと、片側ばかりで咬んだり、また咬み合わせが乱れたりして、お口のバランスが崩れてしまいます。その結果、肩こりや頭痛など、体に影響が出てしまうこともあるのです。

歯を1本でも失ったときには、見た目だけでなく体のことまで考えて、できるだけ適切な治療を受けることが大切になります。そこで大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院では、インプラント治療をおすすめしています。歯を失ったら、お早めに当院にご相談ください。

インプラント治療とは

歯を失ったときの治療として、近年インプラント治療が注目されています。インプラント治療とは、歯を失った箇所の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療のこと。インプラントと顎の骨がしっかり結合して、まるで天然歯のような咬み心地を取り戻すことができます。また上部の人工歯はセラミックでつくられるため、見た目もとても自然で美しいのが特徴です。

歯科用CTによる診断

インプラント治療では、表からは見えない、歯を支える顎の骨にインプラントを埋め込む手術を行います。そこで、事前に顎の骨の状態をしっかり把握しておくことが重要です。

当院では歯科用CTを用いて、顎の骨の量や位置などを正確に調べ、インプラントの埋入位置や角度などについて細かくシミュレーションを行っています。またCT撮影した画像データは、精密な人工歯を製作する際にも役立ちます。

専門医との連携

当院ではインプラント治療における難症例について、提携するインプラントの専門医と連携し、「チーム医療体制」をもとに、最良の治療をご提供できるよう努めています。

インプラント治療には外科手術が必要になり、患者様の顎の骨の状態や全身疾患の有無などによって、一人ひとりに合わせた治療計画が必要になります。治療方法には様々なものがありますので、もし他院で「インプラント治療は難しい」といわれてしまったという場合でも、あきらめず一度当院までご相談ください。

PICK UP・様々なインプラント治療の方法

当院ではインプラント治療において、世界的にシェアを広げる信頼のブランドである「ストローマン社」「デンツプライ社」のインプラントシステムを採用しています。インプラント治療の方法は、失った歯の本数によって以下のように異なります。

歯を1本失った場合
治療法 治療前 治療後
従来は健康な歯を削って支台にする「ブリッジ」が主流でしたが、インプラント治療なら歯を失った箇所に1本のインプラントを埋め込むため、まわりの歯に負担をかけません。
歯を何本か失った場合
治療法 治療前 治療後
従来は金属のバネで固定する「部分入れ歯」を使用していました。インプラント治療なら数本のインプラントを埋め込んで人工歯を固定すし、咬み合わせを安定させることができます。
歯をすべて失った場合
治療法 治療前 治療後
従来は「総入れ歯」が基本でしたが、ずれたり食べカスがはさまったりするなどの問題がありました。インプラント治療なら、数本のインプラントによって総入れ歯を固定させるなどして、快適な咬み心地を回復できます。

インプラント治療手順

STEP1 診査・治療計画

はじめに歯科用CTやレントゲンなどを用いて、インプラント治療に必要な精密検査を行い、インプラント治療が可能かどうかの診断を行います。その後、詳細な治療計画を立てます。

STEP2 フィクスチャーの埋入手術

フィクスチャー(人工歯根)を、顎の骨に埋め込む手術を行います。手術は局所麻酔を施したうえで行いますので、痛みはありません。ご安心ください。

STEP3 治癒期間

インプラントと顎の骨がしっかりと結合するまで、3~6ヶ月ほど治癒期間をおきます。

STEP4 アバットメントの連結

フィクスチャーの頭に、上部の人工歯との接続部分となるアバットメントという部品を連結します。

STEP5 人工歯の装着

埋め込んだインプラントを含め、口腔内全体の印象採得(型を採ること)を行い、その型を元に人工歯を製作します。人工歯が完成したらアバットメントの上に装着して、治療は完了です。

インプラントQ&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?

顎の骨が完成する20歳前後から高齢の方まで、条件が合えばどなたでも受けることができます。
※全身疾患をお持ちの方、妊娠中の方などは、インプラント治療を受けられないケースもあります

手術の際は入院が必要ですか?

基本的には、入院の必要はありません。ただし特殊な症例の方、全身疾患をお持ちの方の場合には、入院が必要になるケースもあります。

治療期間はどれくらいかかりますか?

インプラントを埋め込んだ箇所の状態など個人差がありますが、おおよそ4~7ヶ月程度かかります。

インプラントはどのくらいもちますか?

インプラントは、口腔内の衛生管理が行き届いていればかなり長期的に使用し続けることができます。ただし衛生状態が悪ければ、寿命は短くなります。長持ちさせるには、治療後のメンテナンスをきちんと行うことが必要です。

治療費用はどれくらいかかりますか?

インプラント治療には保険が適用されないため、埋め込む本数などによって費用はまったく異なります。おおよその費用は、患者様の口腔内を診査したうえで算出します。

治療後にはどんなメンテナンスが必要ですか?

インプラントをできるだけ長持ちさせるには、毎日の正しいブラッシングと、半年に1回の定期検診によるメンテナンスを継続することが必要です。これらをおろそかにせず、できるだけよい状態を維持しましょう。

患者様に合った入れ歯をご提案・製作します

失った歯の機能を回復させる治療として、昔から用いられているものに「入れ歯」があります。入れ歯は、「保険が適用できるため費用が抑えられる」「お手入れが簡単」「治療期間が短い」「手術が不要」といった理由から、今日も多くの方に選ばれています。

現在使われている入れ歯に、ご不満はありませんか? 大阪府枚方市の歯医者、福地歯科医院では、患者様ごとに異なるお口の中の状態や、ご希望、またご不満などをしっかりふまえ、一人ひとりに合った入れ歯をご提案します。入れ歯のことなら、当院にご相談ください。

的確な治療のご提案

入れ歯は、歯を失った本数に合わせて「部分入れ歯」または「総入れ歯」を製作します。また保険が適用できるものや、自費診療になるものがあり、使用する素材や様式も様々です。

そこで当院では、まず患者様の口腔内をしっかり診察したうえで、どんな素材がいいのか、また見た目はどうするのかなどについて、患者様としっかりご相談し、一人ひとりのご要望を叶えられる入れ歯をご提案しています。入れ歯製作には、実際に使用される患者様のご意見が重要です。どんな小さなことでも、お気兼ねなくお話しください。

毎日の食事や会話を快適に行っていくためには、精度の高い入れ歯をつくることが必要です。満足のいく入れ歯を求められるなら、当院にご相談ください。

ページの先頭へ

福地歯科医院 Fukuchi Dental Office Perio  Endodontic  Center